ミョウガ

ミョウガ

スポンサード リンク

ミョウガは、7月から9月に根茎から花穂を発生させて淡黄色の花を咲かせ、草丈は40cmから60cmで、白い地下茎を伸ばして株を増やしていきます。

またミョウガは、花穂の開花する前の時期に食用にし、食用に土寄せして軟化させた若い茎をミョウガタケと呼びます。

そしてミョウガは半日陰を好むので、落葉樹の下や掘ぎわ等のスペースを利用し、3芽位つけた地下茎を10cm程の深さに植えつけ、株間は20cmから25cm程空けます。

なおミョウガは、花茎が発生するのは通常2年目からで、花が開く前に早採りするのが、香味のあるミョウガを収穫するポイントとなります。