サンショウ

サンショウ

スポンサード リンク

サンショウは、高さが2,3mになり枝分かれが多く、羽状複葉のつけ根に一対のトゲがあるのが特徴です。

そして、5月上旬に葉腋から総状花序を発生させて黄緑の花をつけ、9月には果実が緑から赤に熟し、中に黒い種ができます。

また、サンショウを植える時は日当たりの良い場所を選び、秋に種を採り蒔きしますが、根が弱いので移植や定植時には、細根を傷めないように注意します。

なおサンショウは雌雄異株なので、果実を採取するには雌雄両方の株を接ぎ木して栽培するか、種を蒔いて育てる時には、両方の株が育つように数株は植える必要があります。

また雌雄それぞれの木から、挿し木で増やすこともできます。