ハニーサックル

ハニーサックル

スポンサード リンク

ハニーサックルは、5,6mにも伸びる丈夫なつる性植物で、庭ではフェンスや支柱に誘引します。

そして5月から6月になると、茎の先端部の葉腋から輪生する、細長い管状の花が開花します。

またハニーサックルは、挿し木・取り木・株分けによって苗を増やすことができます。

ただし、6月頃に勢いの良い新枝を採取して、挿し木で増やすのが一番手軽です。

なお挿し穂は、15cm位に切って下葉を取り除き、小粒の赤玉土に挿せばよく発根し、日当たりと水はけの良い場所に定植します。