ローズ

ローズ

スポンサード リンク

ローズは、花形・花色とも豊富な大輪咲きで、落葉期につぎ木苗を植えつけて増やしますが、原種や野生種は秋に熟した果実から種を採取できます。

そして種をよく水洗いし、果肉をきれいに取り除いてから、トロ箱や平鉢に蒔きます。

また種を瓶などに入れて、2週間ほど冷蔵庫で低温保存すると、発芽しやすくなります。

さらに葉が触れ合う苗を間引きし、本葉が4,5枚に育った頃に3,4号の小鉢に1本ずつ移植して、本葉が10枚以上になったら日当たりと水はけの良い場所に、たっぷり元肥を施してから定植します。

なお、ほとんどのバラが挿し木で増やすことができ、前年枝を挿し穂にする場合は2月、新枝の場合は6月から7月が適期で、約15cmに切って小粒の赤玉土に挿します。

またローズには、品種改良によって多くのタイプがあり、主にTローズ・オールドローズ・ドッグローズ・ハイブリッドティー系・フロリバンダ系などに分類できます。