ハイビスカス

ハイビスカス

スポンサード リンク

ハイビスカスは、直径4cm程の薄いクリーム色の花を咲かせ、その日の午後に花弁が落ち、残ったガクの部分が次第に肥大して、多肉質で深紅色の果実になります。

ただしハイビスカスは、熱帯植物で寒さに弱い上、短日性で花期が晩秋の寒い時期になるので、一般家庭での開花は困難です。

しかし、大鉢に植えて室内に持ち込むことで、何とか栽培できることもあります。

また、ハイビスカスの種は普通市販されていませんが、ティー用のドライハーブに入っている種を発芽させることができます。

なお発芽には気温が20度から25度必要なので、5月に入ってから蒔くと良いでしょう。