チャービル

チャービル

スポンサード リンク

チャービルは、あまり日当たりの強過ぎない、やや湿った場所が適しています。

そして種は粗くすじ蒔きにして、好光性なので覆土はせず、上から板片で軽く押さえます。

また葉が茂るにしたがって、次々と混み合う部分を間引きし、本葉が3,4枚になるまでに株間を20cmにします。

その後、草丈が15cm程育った葉から、一度に摘み過ぎて弱らせないように、少しずつ摘んで利用します。

ただしチャービルは乾燥に弱いので、時には水やりが必要です。