サフラワー

サフラワー

スポンサード リンク

サフラワーは草丈1m弱で、初夏に黄色いアザミに似た頭状花を咲かせます。

またサフラワーには総苞片と上部の葉に鋸歯があり、生長するにつれて鋭いトゲ状になります。

そして、サフラワーは移植を嫌うので直蒔きで育て、9月下旬から10月頃に、15cmから20cm間隔に数粒ずつ蒔きます。

その後10日から2週間で発芽するので、幼軸が太いものを残して間引きし、年内に一度摘芯して、わき芽を伸ばします。

なおサフラワーは、花弁が黄色い内に摘み取り、すぐに風通しの良い日陰で十分乾燥させます。