レモングラス

レモングラス

スポンサード リンク

レモングラスは、甘い香りに僅かに青臭さを含むのが特徴で、芳香の主な成分はレモンと同じシトラールです。

そして、レモングラスは高温多湿を好むので夏によく育ち、株元に葉鞘部を残して刈り取って、風通しの良い日陰で乾燥させれば保存ができます。

ただし、レモングラスはめったに花をつけないため、市販の苗を水はけの良い場所に株間30cm以上とり、元肥えを施してから植えます。

そして、根際から新芽が発生して株が大きくなったら、もぎ取って植えつけると、よく発根して増やすことができます。

なおレモングラスは、日当たりの良い場所であれば土質を選ばず育ちますが、熱帯アジア原産で耐寒性が低いため、霜が降りるまでに鉢などに植え込み、室内に取り込んで越冬させます。