室内栽培

室内栽培

スポンサード リンク

代表的なハーブは、光がよく当たって少し風の吹く場所でないと、香りが高く品質の良いものには育たないので、室内で育てるには適していません。

しかし色が美しく、香りの高いハーブの栽培は無理だとしても、香りの穏やかなハーブを作るのであれば、パセリ・チャービル・チャイブ・ドクダミ等は、比較的明るい場所で育てれば、室内栽培でかなり生長します。

むしろパセリとチャービルは、直射日光が強過ぎると葉が痛んだり、生長が悪くなるので、窓からの光で十分育ちます。

ただしパセリとチャービルでも、あまり部屋の奥に置くと枯れるので気を付けましょう。

一方のチャイブは、本来たくさんの光を必要としますが、光の足りない所でも、いくらか色と香気の薄い葉に育ちます。

なおチャイブを植える時は、用土が多湿だと根が腐って枯れるので、プランターや植木鉢に植える場合でも、植えた時には水を与えず、新しい根が出てから水を与えるようにしましょう。